熟年マイラー奮闘記/無理せず毎年35万マイルを貯めてマイラー人生を楽しもう!




 

年間35万マイルを、無理せずコンスタントに貯めて、
毎年、熟年夫婦で4回以上マイル旅へ行っています。
時々、空マイル、ほとんど陸マイルを駆使して。


基本スタンスは、無理な出費をしないで、無理なく35万マイルを貯めることです。
普通のサラリーマン、普通の主婦、普通の定年退職者。など、普通の方でもできる、
素晴らしいマイラー人生ご紹介します。



■ 貯めているエアマイルは・・・・・・
JAL、ANA、UA、BA、DL

■ 貯めているホテルポイントは・・・・・・
  spg(マリオットBONVOY)、プリンスポイント

 

spgアメックスお得な入会
■ホテル修行の必需品・陸マイラーにもオススメ SPGアメックスカード!
■ホテルポイントも、エアラインマイルも貯めやすい!

今なら、10万円利用で39,000ポイントもらえるお得な紹介キャンペーン実施中です。
35,000ポイントで、カテゴリー5のホテルに1泊、
37,500ポイントあれば、カテゴリー2のホテルに3泊無料宿泊できます!
私も紹介できますので、入会希望の方は「コチラ」からお問い合わせください。紹介用入会URLをお送りいたします

 

素晴らしきマイラー人生の送り方

無理せずマイルを貯めて、夫婦で海外旅行三昧する方法
私の素晴らしきマイラー人生=JGCがANAマイルを貯める
定年退職してからでも始められる素晴らしきANAマイラー人生
退職金を使わずファーストクラスも夢じゃない

●その他のカテゴリーはindexへ

 ★マイルの貯め方~基本編★マイルの貯め方~応用編★貯まったマイルの有効な使い方
 ★陸マイラーが持つべきクレジットカード★クレジットカードへお得に入会する方法
★マイレージクラブ★SFC修行
★初めての海外旅行、安心して行くための注意事項

 ★ランダムトピックス ★ポイントサイト★旅行記/ラウンジ

★★↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 最新記事 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓★★

ソラシドマイルがVpass利用で驚異の200%還元!格安マイルで沖縄九州へ!

このブログをご覧のみなさんは、JALマイル、ANAマイルのどちらか、あるいは両方を貯めていらっしゃると思います。

私も、JAL、ANA、どちらのマイルも貯めていて、さらには、BA、UA、DLのマイルも貯めています。

今回、お得な情報を得て、ソラシドエアのマイルも貯めることにしました。

なぜなら、ソラシドエアのマイルは、ポイントサイトから、なんと200%で還元され、しかも、ANAと比べても、少ないマイルで飛べるからなのです。

これから、その仕組みを解説しますね。

 

ソラシドエアってどんな航空会社?

 

 

 

ソラシドエアは、ANAグループの航空会社で、宮崎を本拠地にしている航空会社です。

ただ、ANAと違って、全国を網羅しているわけではなく、以下の図のように、九州、沖縄を中心とした路線をカバーしています。

 

■ソラシドエア就航路線図

メインは、羽田から九州各都市で、那覇線、石垣線は、2021年3月28日より就航します。
(現在、沖縄(那覇)線就航記念セール、片道5,900円セールを実施中です)

よって、羽田より北への路線はなく、限られた路線となっていますが、九州方面へのフライトは充実しており、JALやANAよりも安価で飛ぶことができます。

ただ、同じANAグループのスターフライヤーとのからみで、福岡への就航がないのが残念ではあります。

スポンサーリンク

ソラシドエアのマイレージ

 

ソラシドエアも、独自のマイレージプログラム【ソラシド スマイル クラブ】を持っています。

そして、ANA同様、L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)と時期による区分けを設けています。

ただ、ANAの同一路線よりも、10~20%少ないマイルで設定され、さらには、往復割引が採用されており、より少ないマイルで飛ぶことができるのはうれしい限りです。

 

■ソラシドエア必要マイルANAとの比較

 

ご覧お通り、羽田-九州など、通常のルートのH(ハイシーズン)以外はANAよりも少なく、さらに往復だと、もっと割安になっているのがわかると思います。

さらにソラシドエアマイレージの特徴として、

 1、マイレージ保持者以外、保持者が指定する誰もが利用できる。 (これはANAが、2親等の関係に限り、しかも、事前登録をしておかなければならない。と比較しても使いやすいです) 

 

 2、ANA同様、日程の変更が可能(同路線、同搭乗者に限る) 

 

など、使い勝手が良いマイレージプログラムです。

 

ソラシドエアマイルをポイントサイトからお得に貯める方法

 

さて、ここから、が本題です。

ここまで、ソラシドエアマイルが、いかにお得なマイルか、と言うことを説明してきましたが、これからは、どうやって、お得に貯めていくかをご説明します。

 

まず、流れはこうです。

■ ポイントサイト(ハピタス、モッピー、ちょびリッチなど)

■ ポイントサイト(Gポイント⇒推奨、またはPeX)

■ Vpass

■ ソラシドエアマイル

となります。
(Gポイントを推奨しているのは、Gポイントの方が、処理期間が短い1週間以内でできるためです)

 

そして、必ず必要なのが、「ソラシドエアカード」です。

このカードがなければ、Vpassからソラシドエアマイルへは変換できません。

さらに、ここで重要なのが、還元率です。

下記図のように、ハピタスなどのポイントが2倍(200%)で還元されます。

 10,000ハピタスポイントが、なんと20,000ソラシドマイルに化けるのです! 

 

 

10,000ハピタスポイントは、1万円に還元できます。

その1万円が、20,000ソラシドマイルに還元ということは、L(ローシーズン)だと、羽田-九州が2往復(4レグ)搭乗できます。

 片道1万円(以上)としても4万円(以上)の価値に化けるのです。 

 

一方、ポイントサイトからANAマイルに還元すると、通常、東急ポイントルートを利用すると、還元率は75%(他ルートでJALマイルには、通常50%)です。

そう、お分かりのように、ソラシドマイルとANAマイルのポイントサイトからの還元を比較すると、還元率はソラシドの200に対してANAは75。

さらに、還元後のマイル利用率も、ソラシドエアの方が10%から20%(往復だとそれ以上)有利に利用できるのです。

ここで、注意点をひとつ

VpassからANAマイルへの移行は、2パターンあります。

一つが、 ANAカード利用によるポイントからANAマイルへの移行。 

もう一つが、 ポイントサイトや、他ルートからの、いわゆるボーナスポイントからANAマイルへの移行です。 

この二つのポイントは、ANAマイルへの還元率(換算率)が異なります。

 

ANAカード利用によるポイントからの移行は次の表のようになります。
(2020年6月より、最終換算額は変わりませんがシステムが変更されています)

 

一方、ポイントサイトからのポイントなどのボーナスポイントからの換算は以下の表のようになります。

 

つまり、ANAカード利用額のポイントは、ゴールドカード保持者の方は1ポイントが2マイル、つまり200%の還元率。

一方、ポイントサイトなどからのボーナスポイントは、5ポイントが3マイルの還元率60%に落ちてしまいます。

 

 結論は、Vpassへ集めたポイント(ボーナスポイントくくり)をANAマイルに移行すると60%に減少しますが、ソラシドエアマイルに移行すると200%に増加するのです。 

 

これをみても、ソラシドエアマイルへの交換が、いかに有利かと思いませんか?

もちろん、ソラシドエアは、九州、沖縄方面へのルートしかないので、限られた路線でしか使えませんし、限られた方々しか使えません。

でも、逆に言えば、限られた路線、方々には、かなりお得なマイルだということです。

スポンサーリンク

 

Vpassからソラシドエアマイルへの移行方法

 

最後に、Vpassからソラシドエアマイルへの移行方法(スマホ版)を、私が失敗を繰り返しながら、実際にやってみた内容を解説します。

① Vpassにボーナスポイントが876ポイントありました。

②「ポイントを交換する」をタップ

③他マイレージへ移行を選択し、次画面でソラシドスマイルクラブを選択

④すると、移行できません。と

このときは、なぜ?

と思ってたのですが、後日、ソラシドエアカードを持っていなかったためと判明しました(笑)

⑤後日、ソラシドエアカードを取得した後は、その先に進めましたが、1,000ポイント達していなかったため、またもや移行できず(笑)

ソラシドエアカードに入会すると、2021年3月末日まで、キャンペーン特典2,000マイルが追加され、通常入会マイルの1,000マイルと合わせて、3,000マイルがすぐに入ってきました。

 

⑦ソラシドエアカード入会後、ハピタスに余っていた2,700ポイントをGポイント経由でVpassに移行し、Vpassにあったポイントを含めて3,500ポイントをソラシドマイルに移行してみました。
移行に際しては、電話認証がありますので安心ですね。

⑧その結果、元々の3,000マイルに、3,500ポイントが200%還元された7,000マイルが加わり、合計10,000ソラシドエアマイルが貯まりました。
これだけで、L(ローシーズン)で、羽田-九州の往復ができるマイルが貯まったことになります。

 

■ ソラシドエアカード入会は こちら

■ ハピタスへの無料入会は こちら

■ Gポイントへの無料入会は こちら

 

まとめ

 

① ソラシドエアのマイレージは、ANAマイレージよりも少ないマイルで飛べます。

② ソラシドエアのマイルは、以下の方法で、ANAの還元率が60%に対して、200%の還元率で有利に移行できます。

③ ソラシドエアのマイルは、ポイントサイト(ハピタス、モッピーなど)⇒Gポイント(推奨)⇒ Vpass ⇒ ソラシドエアマイル(ソラシドエアカード利用)のルートで、還元率200%で貯められます。