ハワイにマイルで行くにはどのマイレージが一番お得か?




ハワイにマイルで行きたいと思っている人も多いと思います。

でも、マイラー初心者にとっては、航空会社のマイレージ、どのマイルを貯めたら良いのか、なかなかわかりません。

そこで、日本から出ている直行便を対象に、ハワイに行くには、どこのマイルを貯めた方が、貯めやすいか、お徳か。調べてみました。

■ハワイ行き直行便空港別航空会社リスト

 

日本からは、上表のように、6空港から、ハワイへの直行便が飛んでいます。

そして、航空会社別に、利用できるマイレージを示しています。

当然、マイレージは、アライアンス毎に提携できるので、

ANA=UA

DL=KE=CIとなり、

JALは単独、HAはアライアンスに属していないので、条件付きで各社と提携しています。



JALカードキャンペーン中!

■ハワイ往復エコノミークラス必要マイル数比較

 

① ANA ⇒ 40,000(通常期のマイル数、閑散期は35,000、繁忙期は43,000)

⇒ UA便を利用可能(通期で40,000)

② JAL ⇒ 40,000(JALカード割引39,000。ビジネスクラスは割引期間あり)

③ UA  ⇒ 50,000(グアムに24時間以内のトランスファー可能)

⇒ ANA便利用可能(通期で50,000)

④ DL  ⇒ 60,000(閑散期から繁忙期の130,000)

⇒ 60,000でのDL利用は座席が少なく、KE、MU利用となる場合が多い。

⑤ HA ⇒ 80,000

⇒ ANA便利用の場合は90,000

 以上のように、単純に利用マイル数が少ないのは、ANAとJAL。 特にANAは、閑散期だと、35,000マイルと一番少ないマイルとなります。 


■燃油サーチャージの有無 

 

一時期無料となっていた燃油サーチャージも2017年から復活。

単純に必要マイル数の比較では、お得感が測れなくなっています。

 ハワイ往復の燃油サーチャージが現在(2017年5月)8,000円ですが、3,4年前のように、22,000円まで跳ね上がる可能性もゼロではありません。 

 

そこで、各社の燃油サーチャージの状況を見てみると、

燃油サーチャージが必要な航空会社は、ANA、JAL、KE、CI、HA。

燃油サーチャージの必要がない航空会社 UA、DL(いずれも特典航空券の場合)

UAのマイルでANAに乗っても、DLのマイルでKE、CIに乗っても、燃油サーチャージはかかりません。

つまり、ANA、JALは必要マイル数は低くても、燃油サーチャージが必要となります。

■貯めやすいマイルはどこか?

 

では、マイルを貯めやすい航空会社はどこでしょうか?

それは、飛行機に頻繁に乗る人、乗らない人でも違いますし、頻繁に乗る人でも、国内線が多いか、国際線が多いかで、かなり違ってきます。

頻繁に乗る人は、いつも乗っている航空会社のマイルを貯めるのが一番確実です。

特に国際線が多い人は、そのアライアンスに絞るべきだし、もう、そうされているかと思います。

 では、あまり飛行機には乗らない人は、何処が一番貯めやすいいでしょうか? 

 

 ズバリ、ANAです! 

 

それはなぜでしょう。

あまり飛行機に乗らない人がマイルを貯める。

つまり、 陸マイラーにとって、ANAのマイルを貯める方法が、他社よりも豊富にあることと、ハワイに限って言えば、2019年には、ハワイ便の座席が、現在よりも大幅に増えて、マイルでも取りやすくなるはずだからです。 

① ANAマイルを貯めやすいクレジットカードが豊富にある。

② ポイントサイトから、高還元率でANAマイルに交換できる。⇒詳細はコチラ

③ ハワイ便の座席が増える。⇒詳細はコチラ

まとめると、以上3点になります。

■ハワイに行くために一番お得なマイルはどこか?

 

 頻繁に飛行機に乗る人は、いつも乗っている航空会社のマイルか、または同じアライアンスのマイル。 

 

 頻繁に飛行機に乗らない人は、ANAのマイル。 が結論です。 

 

頻繁に飛行機に乗らない人で、ハワイにマイルで行きたい人は、

先ずは、コチラを 参照してみてください。

ANAマイルを簡単に貯める、良い方法がわかると思います。




⇒ INDEXへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です