プライオリティパスに安く入会できるカード


空港での、搭乗前のお得な過ごし方

 

飛行機に乗る時、空港ではどう過ごしていますか?

レストランで食事をしたり、おみやげを買ったり、屋上展望階で飛行機の離着陸を見たり、、、過ごし方はいろいろですよね。

でも、中には、無料の食事や、無料の飲み物、もちろんアルコールも、さらに、無料でマッサージやシャワーなど、搭乗前の時間をゆっくり優雅に過ごしている人もいるんです。

そう、空港にあるラウンジです。

ただ、空港にあるラウンジでも、クレジットカードのゴールド以上を持っている人が入れるカードラウンジは、ソフトドリンクは無料ですが、アルコールは有料、簡単なパンを提供しているところもまれにありますが、通常は、食べ物などの持ち込みを禁止しています。

では、先ほどの、無料の食事、無料のアルコールを含む飲み物、無料でマッサージやシャワーなどの提供を受けられるラウンジってなんでしょうか?

それは、航空会社のラウンジです。

でも、普通、航空会社のラウンジは、ビジネスクラスやファーストクラスの乗客か、あるいは、その航空会社のステータスを持っている人などが入れる所で、ステータスが無く、エコノミークラスの乗客は入れません。

しかし、魔法のカードがあるんです。

それが、「プライオリティパス」という会員証です。

 

この、プライオリティパスを持っていれば、ステータスを持っていなくても、エコノミー利用でも、さらには、どこの航空会社利用でも、そう、なんと、LCCを利用しても、そのラウンジが使えるのです。

ただし、全ての航空会社のラウンジが使えるわけではなく、プライオリティパスが契約したラウンジに限られますが、なんとその数、世界で900ヶ所以上あります。

でも、ただひとつ問題が、、、、

それは、、、利用回数の限度がない「プレステージ会員」に入るには、年間なんと399ドル(1ドル120円換算で47880円)もかかるんです。

これだったら、年に数回の利用がない人は「無駄」ですよね。

でも、ここで朗報!

もっと安い年会費で、この「プレステージ会員」になれる方法があるんです。

それは、ある、クレジットカードに入会することです。

プライオリティカードの「プレステージ会員」には入れるクレジットカードは、現在19種類あります。

安いものでは、年間会費10000円(税別)から一番高いものはなんと35万円!

まあ、そんな高いカードは別として、プライオリティパスに入るためのカードで、一番、入りやすくて、コスパの高いカードを紹介します。

先ずは、年会費が一番安い、「楽天プレミアムカード」

このカードにはいれば、年会費が1万円で、プライオリティパスの「プレステージ会員になれます」

でも、私的にお奨めなのは、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」です。

この「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」は、年会費が2万円と、楽天プレミアムカードの2倍しますが、家族会員が1名無料、二人目からは、3000円で家族会員になれて、それぞれが、プライオリティパスを持てるのです。

「楽天プレミアムカード」は家族入会ができないので、それぞれが申し込む事になります。
ご夫婦の場合、それぞれ入会しても構いませんが、例えば、お子様といっしょの場合は、ラウンジ利用毎に1人3000円(税別)の支払いが発生します。

一方、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」は、障害や死亡保険、さらには、航空機遅延時のカバーがあったり、保険のパフォーマンは高いのですが、ポイントのマイルへの還元率はあまり高くないので、楽天ポイントをためている方は、「楽天プレミアムカード」の方が、利用価値があります。

選択の基準として、プライオリティパスの利用が、個人や、ご夫婦レベルの方は、「楽天プレミアカード」。

もっと多くの家族で利用されたい方は、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」という考え方でいいのかもしれません。

楽天はプレミア、MUFGはプラチナ、というステータスカードですが、入会ハードルはそんなに高くありませんので、定職、定収入があり、信用問題がなければ、どちらも入れると思います。



「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」に入会してプライオリティパスをゲット!更に、ANAマイルも貯めるワザ。

 

これは簡単、ハピタスを経由して、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エクスプレス・カード」入会の手続きをしてください。

今なら、ハピタスで7000ポイント、つまり、ANAマイルが6300マイル手にはいります。

先ずは、ハピタスに無料登録後、サービスで貯めるを開いてください。

 

ハピタス経由でANAマイルを貯める方法がわからない方は、

詳しくは、ANAマイラーになるための準備 を見てください。

 

 

⇒ INDEXへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です