ホーチミン空港国内線でラウンジが使えるプライオリティパス

知って得する「新しい旅のご提案」
空飛ぶ陸マイラーが、これだけ海外旅行に行けるのも、そこには大きな理由があります。

もちろん、マイルを貯めるためのポイ活もありますが、絶対的収入源が別にあるんです。

それが、コレ!

知りたい方は、「新しい旅のご提案」へ

 

海外旅行に行って、国内線にのる機会はあまりないと思いますが、先日、ベトナム旅行の際、ホーチミン・タンソンニャット国際空港で、JALから、ダナン行きのベトナム航空に乗り継ぎ、国内線を利用しました。

タンソンニャット国際空港の国際線ターミナルから国内線ターミナルは徒歩で5分程度。少し歩きます。

1階がチェックインカウンターで、国際線ターミナルから歩いて、手前にベトジェットのカウンター、奥にベトナム航空のカウンターが有り、ベトナム航空の中でも手前が、スカイプライオリティのカウンターとなっています。

2階がセキュリティチェック。この時は、朝、6時過ぎでも激混みでした。

他社からの乗り継ぎでは使えないベトナム航空国内線ラウンジ

 

私は、デルタ航空のゴールドメダリオンを持っているので、ベトナム航空の搭乗手続きは、スカイプライオリティーカウンターでできます。

今回は、全く待つこと無く直ぐに手続きができました。

通常、ゴールドメダリオンを持っていれば、スカイチームの搭乗の際はラウンジを利用することができます。

ホーチミン・タンソンニャット空港には、国内線にもベトナム航空のラウンジがあるので、利用できるはずなのですが、日本で、色いろ調べていくと、日本からベトナム航空を利用し、ベトナム航空の国内線に乗り継ぎの場合は可能であって、他社便を利用して、ベトナムに来た場合は、ラウンジを利用できない旨の報告が多くあがっていました。

実際、通常、スカイプライオリティーカウンターでの手続きの時に、ラウンジの案内があるのですが、JALを利用してベトナムへ来たためか、今回は案内がなかったので、多分使えないのかと。

そこで、プライオリティパスのラウンジを調べてみると、なんと、タンソンニャット空港には、国際線はもちろん、国内線にもラウンジがあることがわかったので、プライオリティパスで入れるラウンジに向かいました。

PPで利用できる国内線に国際線並みのラウンジ

 

セキュリテーチェックを過ぎて、11ゲートの前に「Le Saigonnnais Business Lounge」はありました。

入り口の案内を見ると、ベトナム航空、ベトジェット、ANAのほかに、ダイナースクラブなどのカード会社、地元の企業なども利用できるようです。

結局、ベトナム航空のラウンジにPPで入ることができたということですね(笑)

中はそれほど広くありませんが、真ん中の大きなカウンターに、多めの食材が並んでおり、国際線のラウンジに引けを取りません。
もちろん、アルコール類も無料で利用できます。

 

この時は、早朝着く便でベトナム入したので、機内で朝食を食べたばかり。あまりお腹も空いておらず、多くを試食できず残念でしたが、試したメニューはどれも美味しかったです。

このように、プライオリティパスは利用価値が大きいのですが、年会費が高いのが最大のデメリットです。

スタンダード会員、スタンダードプラス会員、プレステージ会員の3種類があり、年間無制限にラウンジが利用できるプレステージ会員の場合、年会費がなんと399USドル、つまり4万円以上するのです。

でも、ある、クレジットカードに入会すれば、そのカードの年会費、ひとり1万円程度で利用できる方法があります。

詳しく知りたい方は コチラの関連記事をご覧ください。↓ ↓ ↓

プライオリティパスに安く入会できるカード



⇒ index へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です