マイラーになるならJAL?それともANA?

 

みなさんは、飛行機に乗って旅をされていますか?

もし、そうであれば、もちろんマイレージサービスには入っていらっしゃいますよね?

年に何度も乗っている方はもちろん、年に数回しか乗らない方でも、マイレージサービスには入会しておいた方がいいですよ。もちろん、入会のみは無料です。

JAL、ANA、どちらのマイレージサービスには大きな特徴があり、それぞれ違いも多く存在しています。

そのため、マイラーになってみたい方、とりあえず入会するには、JALがいいのか、ANAがいいのか迷っていませんか?

 

ここでは、そういった方のために、JALとANAのマイレージ全般について比較してみました。

あなたにとってためやすいマイレージはJAL?ANA?どっち?

 

まずは、JALのマイレージ、ANAのマイレージ、あなたにとって、どちらが貯めやすいかを検証します。

スポンサーリンク

① 最寄りの空港により決まる

まずは、あなたのお住まいの近くの空港は、JAL、ANA、どちらも飛んでいますか?

もし、どちらかしか飛んでいなければ、必然と飛んでいる航空会社が選択されます。

が、少しの交通費で、少し離れた空港に行けば、両社飛んでいる場合、最寄りの空港があまりに便数が少ない場合などは、要検討です。

② 好き嫌いで決まる

これは個人差が大きいのですが、どうしても好きか嫌いかで判断せざるを得ない場合もあります。

ただ、それが許容できる範囲内であれば、冷静に判断された方が良いと思います。

③ お得かどうかで決まる

どちらのマイラーになって、マイルを貯めた方が、お得か?

お得か?の意味や何をもってお得なのかは、個人によっても違うと思います。

金銭面だったり、例えば、貯めたマイルで行きたい場所が、JALとANAで必要マイルが違っていたり、私用ではなく、お仕事上、公用で利用する会社が決まっているとか、様々な条件があります。

以上、いろりろな条件があるとは思いますが、ここでは、純粋に、JAL、ANAのサービス内容を比較したいと思います。

JALとANA、マイレージサービスの比較

 

① JALとANA、ステイタス達成基準比較

ステイタスとは、各航空会社が決めた搭乗基準をクリアするともらえるもので、そのステイタスのクラスによって受けられるサービスが、違ったものになってきます。

■JALとANA、ステイタス達成基準比較表

JAL、ANAとも、予約クラス(普通席、プレミア席、エコノミー、ビジネスなど)や搭乗券種別と、現状ステイタスや利用カード種別などと、搭乗距離で算出された、ポイント基準の合算でステイタスが決まってきます。

JALのポイントは、フライ・オン・ポイント(通常FOP)、ANAのポイントは、プレミアム・ポイント(通常PP)といいます。

【関連サイト】 ポイント基準シミュレーション⇒  JAL  ANA

 

そして、上表のように、JALは4段階、ANAは3段階のステイタス基準が設けられており、JALについては、ポイント基準(FOP)以外に、単純な搭乗回数でもステイタスを受けることができます。

 

② JALとANAのステイタス別サービスの比較

ステイタスによって、ボーナスマイルの付加割合が違ったり、受託荷物の重量、個数制限が違ったり、様々なサービスが、両社とも30,000ポイント以上からサービスを受けられます。

しかし、両者とも、50,000ポイントを超えたステイタス(JAL=サファイア以上、ANA=プラチナ以上)から、多くの特典が受けられることになります。

例えば、ラウンジの利用、優先カウンターの利用、優先受託荷物の受け取り、前方座席指定の優先などです。

特に混雑時に、多くの搭乗客が並んでいる横で、空いている専用カウンターで搭乗手続きができたり、到着空港で、早めに荷物が出てきたり、凄くありがたいサービスです。

また、国内線では、アルコール、ソフトドリンクが無料のラウンジ。国際線では、軽食もいただけるラウンジが利用でき、特に、JALのJGCプレミア、及び、ダイヤモンド、ANAのダイヤモンドの場合、ファーストラウンジという、通常のラウンジ(国際線の場合ビジネスラウンジ)よりもサービス内容(食事内容や、アルコールのグレードなど)のサービスを受けることができます。

もっと多くの細かなサービスがありますので、詳しくは、それぞれ確認してみてください。

【関連サイト】 ステイタス別サービス⇒ JAL   ANA

 

③ JALとANAのマイレージサービス比較

JALとANAのマイレージサービスについては、大きな違いがいくつかあります。
主なものの中で、特に重要項目を列挙してみました。

a)ステイタス区分けにおいて、 JALは80,000ポイント達成で、「JGCプレミア」 という、ファーストラウンジにも入れるダイヤモンドに近いステイタスがある。

b)JALのステイタス獲得方法に、ANAにはない 「搭乗回数」 がある。

c)JALには、毎年、ステイタスホルダーに対して、1年の初回搭乗時、ボーナスFOPが付与されるほか、翌年の1ヶ月を指定して、 FOPが2倍になる月を指定できる 。つまり、その1ヶ月に搭乗を集中させることで、FOPを獲得しやすい(2019年度は未定)

d)ANAには、 PP達成ごと(1万pp、2万pp、3万pp、4万pp、8万pp、10万pp・・・・)に、アップグレードポイントが付与されて 、そのポイントを使って、国内線では普通席からプレミアクラス、国際線では、エコノミーからビジネス、ビジネスからファーストなどへ、 条件付きだがアップグレードできる 。(JALにも、JGPプレミア以上には、クラスJクーポンとか、ファーストラウンジ利用券とかもらえるサービスもあったが、現在は廃止されている)

e)ANAのプラチナ以上は、国際線利用で、エコノミー席予約の場合、 搭乗当日プレミアムエコノミーに空席があれば、無料でアップグレードされる 。(利用搭乗券種別により制限あり)

以上、a)、b)、c)はJALにあってANAにないもの、d),e)はANAにあってJALにないものです。

JALとANA、ステイタスが取りやすいのはどっち?

 

上述の比較で、JALにあってANAにないもの、つまりa)、b)、c)は、いずれも、ステイタスを取るにあたっての有利な特典になります。

a)は、ANAは10万ポイント(PP)まで達成しないと、ダイヤモンドにはなれませんが、 JALは8万ポイント(FOP)で、ダイヤモンドに準じたステイタスが与えられます。 

 

b)は、ANAはPP、つまり、飛んだ距離とチケット種別が加味されて加算されますが、 JALは、距離も、チケット種別も関係なく、回数カウントでステイタスが取れます 

例えば、 福岡-宮崎は、片道運賃が最低5,000円から6,000円 です。

6,000円で50回飛べば、30万円でサファイアのステイタスがもらえます。

30万円で50,000FOPが稼げることと同じなので、マイラーがよく使う指数、FOP単価(1FOPをいくらで稼げるかの指数)は「6円」となり、めちゃめちゃ良い数値なのです。

マイラー修行のお決まりコース、羽田→那覇。JALのウルトラ先得の最低料金片道8,980円で飛ぶと、1,476FOPなので、FOP単価は6.08円。

と、まあ、6円に近いのですが、羽田-那覇の最低料金は1日に1往復しかないので、FOP単価6.08円をキープするためには、50,000FOPを稼ぐために、17往復、つまり、最低でも17日を要します。

普通、羽田-那覇を1日に何往復かするか、ほかの地域を絡ませたりしますので、このFOP単価6.08円をキープするのは難しいでしょう。

でも、 福岡-宮崎は、1日に最高5往復できるタイムスケジュールなので、計算上は1日に5往復10回を5日間飛べば、サファイアを達成できるのです 

つまり、飛ぶ路線は限られますが、俗に言う修行だけを考えれば、一番効率の良い、安く済む修行となり、 JALは「回数」のないANAより有利というか、お得です。 

 

c)は、前年に最低でも3万FOPを達成して、クリスタル以上を持っていなければなりませんが、 達成翌年に、FOPを2倍にすることができる月を、1ヶ月だけ指定でき、その月に集中すれば、かなり有利にFOPを稼ぐことが可能 です。(ただし、2018年8月現在、来年の実施は未定です)

この他にも、1-12月期での最初のフライトに、ステイタスによって差はありますが、ボーナスマイルがもらえるのもJALです。

・・・・・ということから、JALとANA、どちらがステイタスを取りやすい?という答えは、もちろん、JALということになります。

スポンサーサイト

ステイタス獲得後特典が多いのはどっち?

 

それでは、ステイタスを取ったあと、JALとANA、どちらが高い恩恵を受けるかきになるところです。

上述のd)、e)は、ステイタス取得後の特典で、JALには無くANA特有のものなものです。

d)は ANAにはアップグレードポイント というのが付与されます。

このアップグレードポイントは、ステイタスを取らなくても、最低1万PP獲得すれば、6PPもらえるので、ステイタスの有無には関係ないですが、もちろん、ステイタスが高ければ高いほど、多くのアップグレードポイントがもらえ、現JALにはないサービスです。

e)は、よくあるインボラ(involuntary upgrade)という、オーバーブッキング時に、上のランクのシートへアップグレードされるものとは異なり、 当日プレミアムエコノミーに空席があれば、エコノミーが満席うんぬんにかかわらず、アップグレード してくれるという嬉しい特典です。

でも、対象者が複数いれば、より高いステイタス保持者から、ということになりますが。

これは、JALにはない特典です。

 

結論、ステイタスが取りやすいJAL、ステイタス特典が多いANA

 

いろいろ比較してきましたが、結論としては、JALの方がステイタスを取りやすい環境にありますが、いざ、ステイタスを取ったあとは、ANAの方が嬉しい恩恵が多い。

という結果になりました。

スポンサーリンク

 でも、もっと細かいところを比較すれば、どうかわかりません。 

例えば、JALもANAもそれぞれのポイント(FOP、PP)を航空券を購入できるポイント(JALはeJALポイント、ANAはスカイコインと呼びます)に交換することができます。

例えば、マイルを利用した特典航空券が希望の日程で予約できない場合、その購入ポイントに交換して、実際の航空券を購入する時などに使います。

この交換比率も、JALとANAでは、ステイタス毎に微妙な差があったりします。

また、そのマイルを稼ぐ手段として使われる、ポイントサイトがたくさんありますが、そのポイントサイトから、それぞれのマイルに移行するときの還元率にも差があります。

以前、俗にいうソラチカルートが可能だった場合、JALの還元率が51%だったのに大して、ANAの還元率は91%と高い比率だったので、ANAのマイルを貯めてるマイラー、陸マイラーが多かったのです。

でも、現在では、LINEポイント経由の新ソラチカルートとなり、ANAの還元率は81%まで落ちてしまいました。

でも、JALに比べれば、まだ還元率は高いので、陸マイラーとしてはANAマイルの方が貯めやすい状況にあります。

つまり、 ポイントサイトで獲得したポイントをANAマイルに還元し、そのANAマイルをスカイコインに移行して、航空券を購入してPPを稼ぐという手法が成り立ち、ステイタス獲得のための修行費用が抑えられる構図があります。 

 

という観点からすると、ANAの方がステイタスを取りやすいという見方もできます

因みに、ステイタスを獲得すると、それぞれのアライアンスでも同じステイタスをもらえます。

JALはワンワールド、ANAはスターアライアンス。それぞれの航空会社を利用した場合にも同じような特典が受けられますので、国際線を利用する場合のことも加味しながら、JALかANAかを決める材料にもなります。

一度ステイタスを取れば、半永久的にステイタスを保持できる方法があります

 

JALはサファイア(50,000FOP)、ANAはプラチナ(50,000PP)以上を獲得した時点で、申請すれば、例えば、1回も飛行機に乗らなくても、半永久的(この規定が続く限り)JALはサファイア、ANAはプラチナ、同等の特典が受けられる方法があります。

それが、 JALはJALグローバルクラブ(JGC)、ANAが(スーパーフライヤーズクラブ(SFC)です。 

 

サファイア、プラチナを獲得し、有効期限である、獲得した次の年度末までに申請すれば、JGC、SFCになることができます。

ただ、年会費が必要なクレジットカードに入会しなければなりません。

もちろん、ステイタスを取るために、それまでにJALカード、ANAカードは入会しているとは思いますが、新たにクレジットカードの申請が必要となります。

もちろん年会費は通常のクレジットカードよりも割高にはなりますが、JGCJALカードではできない年会費軽減方法がANASFCカードにはあります。

ここでは、詳しく述べませんが、この事象においても、ANAの方がステイタス獲得後は特典力が高いと言えるかもしれません。

 

⇒ index へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です