年間216,000ANAマイルの使い方②~札幌




 

 初心者陸マイラーが、まずはじめにやること。それは、ハピタスを使って、年間216,000ANAマイルをためる事ですね。  

私も例外ではありませんでした。

クレジットカード入会、FXや証券会社の口座開設プラス取引、などの高額案件から、ホテル予約、ネットショッピングや航空券購入など、普通の生活にある身近な案件。

こまめに、ハピタスを利用して、年間216,000マイルのために、毎月18,000ANAマイルを貯めていきました。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

★詳しくは「ANAマイルを毎月18,000マイル貯めるワザ」を見てください。

香港⇒羽田⇒札幌

 

part①香港編では、ANA34,000マイルで夫婦二人、長崎⇒羽田⇒香港 の往路を紹介しました。

part②では、復路の紹介です。

 

part①でも紹介しましたが、特典航空券では、海外へ飛ぶ場合、往路、復路、1回ずつ国内の空路が無料で追加可能です。

地方にお住まいの方が、羽田経由などで海外へ行かれる場合、特典航空券のみ、地方空港から羽田などの国際線出発空港までの往復、または任意の空路が無料で飛べます。

通常の航空券の場合は、国際線と同時購入に限り、片道5,000円で購入可能です。

 

というわけで、復路は、香港⇒羽田に、プラス羽田⇒札幌を追加しました。

先ずは、ステータスマッチで3ヶ月間のトルコ航空ゴールドステータス(エリート)の恩恵で、羽田空港国内線T2・ANAラウンジへ。

朝から燃料補給します(笑)

 羽田発新千歳行きは787-8

特典航空券でも、787-8の「30A」座席、非常口座席(足元が広い)も予約できました。

 

もちろん、往路同様、羽田でのトランスファーは、一度自宅に帰り、一晩寝てから、再度羽田に戻り、札幌便にのる方法を取りました。

香港用と札幌用の荷物も違いますし、香港から羽田へは、出来る限り遅い便で帰り、香港滞在を長くして、札幌発も午前中を手配することで、札幌の時間も長く取れるからです。

 ANAマイレージの期間設定で、レギュラーシーズン1人20,000マイル必要な香港を、ローシーズンに飛ぶことで、1人17,000マイルで済みましたし、プラス、往路の長崎⇒羽田と、復路の羽田⇒札幌も、無料で追加でき、お得な旅になりました。  

 

香港国際空港プラザプレミアムラウンジ

 

ANA利用の場合、香港国際空港のビジネスラウンジは、HP上では、ユナイテッド航空のユナイテッドクラブか、シンガポール航空のシルバークリスラウンジが指定されています。

さらに、スターアライアンスのゴールド会員であれば、タイ国際航空のロイヤルオーキッドラウンジや、航空会社運営のラウンジではありませんが、プラザプレミアムラウンジも利用できます。

part①香港編で紹介したように、私はステータスマッチにより、スターアライアンスのトルコ航空のゴールドステータス(エリート)を持っているので、このいずれにも入れることができるはずでした。

しかし、3ヶ月のステータスマッチで、この時点では会員証も届いておらず、往路の羽田空港で、ANAラウンジに入ろうとした時に、前もって連絡はしておいたのですが、チケット上、マッチングがされておらず、ラウンジカウンターで、トルコ航空のエリート証明にやや手間取ってしまいました。

なので、 英語に自信がなく、スターアライアンスのラウンジカウンターで、モメたくない私は、スターアライアンスのゴールドステータスでのラウンジ入場を諦めて、プライオリティ・パスで入れる、プラザプレミアムラウンジに入ることにしました。 持っててよかった「プライオリティ・パス」でした(笑) 

★プライオリティ・パスに安く入会する方法は コチラ

プラザプレミアムラウンジの入り口、プライオリティパスでスムーズに入場できました。

★香港国際空港 プラザプレミアムラウンジの情報は コチラ

 

還暦祝に誕生日5月26日と同じ便名、526便に乗ろう!

 

実は、この一連の旅行ルートには、もう一つ大事な目的がありました。

私の誕生日は5月26日、しかも、還暦。ということで、以前から、誕生日と同じ便名に乗ろうと、思っていました。

 JALの526便は、札幌20:00発羽田行きだったので、ピッタリ! 長崎⇒香港に札幌をくっつけちゃおう! 

 



 ということで、羽田⇒札幌を5月25日、札幌に1泊して、翌5月26日に、札幌発JAL526便に乗りました。 

搭乗カウンターで、理由を言って搭乗証明書をもらいましたが、なんと搭乗前に、JALのGSさんが、誕生日プレゼントを持ってきてくれました。

超感激でした。

さらに、機内でも、いろいろおみやげも(笑)

還暦の良い記念となりました。

 

 みなさんも、何かの記念日に、同じ便名に乗ってみてはいかがですか?(笑) 

 

フライトのまとめ

 

① 羽田 ⇒ 長崎 JAL(ウルトラ先得)

② 長崎 ⇒ 羽田 ANA特典航空券国内線分(自宅にてトランスファー)

③ 羽田 ⇒ 香港 ANA特典航空券

④ 香港 ⇒ 羽田 ANA特典航空券(自宅にてトランスファー)

⑤ 羽田 ⇒ 札幌 ANA特典航空券国内線分

⑥ 札幌 ⇒ 羽田 JAL(ウルトラ先得)バースデーフライト

使用マイル = ANA17,000マイル×2名 34,000マイル

残りのマイル = 182,000マイル


⇒ INDEXへ戻る

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です