年間216,000ANAマイルの使い方③~残り182,000マイルの使い道

 


年間216,000ANAマイルの使い方、①、②では、長崎羽田香港羽田札幌のルートで、夫婦二人で、34,000マイル使いました。

残り、182,000マイルです。

今度は、2017年秋に、ロングフライトを計画しました。

大まかな行き先としては、ニューヨークとカナダのメープル街道です!

 

夫婦二人でニューヨーク、カナダ、ビジネスクラスの旅計画

 

もともと、今度はカナダのメープル街道に行って、広大な自然の中の紅葉を見たい!ということから、この計画が始まりました。

第一の目的地は、メープル街道(といっても、カナダ中部の広い地域、トロントから、オタワ、モントリオール、更にはケベックまで、周りの高原を含めた地域です)です。

でも、せっかくカナダまで行くのであれば、以前、行ってみてすごく良かったバンクーバーにも寄ってみたいと思っていました。

そこで、ANAマイルでのルート検索です。

 

ANAマイル提携航空会社の必要マイル数検索

 

ANAのカナダへの就航は、東京-バンクーバーのみです。

バンクーバー以遠、及び、その他の就航地への飛行については、ANAと同じスターアライアンスの「エアカナダ」を利用することになります。

ANAホームページから、ANAマイル利用の特典航空券での予約は、

ANAマイレージクラブ→ANA国際線(提携航空会社でもOK)→特典航空券予約 と進んでください。すると、以下の様な画面になりますので、出発地、到着地、それぞれの空港コード、あるいは、都市名、日程をインプットします。

 

DETA=「往復」の場合、エコノミーかビジネスかなどの選択を最初にインプットして、行きと帰りのスケジュールが同時に現れます。
もし、行きはビジネス、帰りはエコノミーとしたい場合などは、往復ではなく、「複数都市・クラス混在」を選択してください。

 

 

ここで、自由に、乗りたい便、行きたいルートを選択できます。


さて、ANAの提携航空会社の必要マイル数はどうなっているでしょうか?

簡単に言えば、エコノミーは

 ①単純往復の場合(例えば:東京-トロントなど)は、ANA便のL(レギュラーシーズン)と同マイル数 

 

 ②往復でも、経由する場合(宿泊を伴う、ストップオーバーや、24時間以内のトランスファーなど、直行便がない場合)はANA便のH(ハイシーズン)と同マイル数 

になります。

提携航空会社、日本発のクラス別必要マイル数は以下のとおりです。


(上表は単純往復。下表は目的地が2地点、あるいは、日本国内での国内線乗り継ぎの場合です。ANA便のみの利用の場合は日本国内の乗り継ぎに追加参るはありません。)

 

因みに、ANA便利用の必要マイル数は以下のとおりです。(シーズン別になっています)

 

カナダ・メープル街道に、ナイアガラとニューヨークをくっつけました!

 

さて、秋のメープル街道にバンクーバーをくっつけるという予定でしたが、妻が、「ニューヨークには寄れないの?」という言葉から、急遽予定変更となりました。

ANAの特典航空券利用のルールでは、同じZONE内であれば、寄り道が可能なのです。

つまり、カナダだけではなく、北米として同じZONEになっているので、国が違っても、ニューヨークも寄り道(ストップオーバー)ができるのです。

結局、こうなりました。

東京(羽田)ニューヨーク(JFK)【宿泊】。ニューヨーク(ERW)トロント⇒バス⇒ナイアガラ【宿泊】。⇒列車⇒モントリオール⇒レンタカー⇒モン・トブラン(メープル街道)【宿泊】。⇒モントリオール【宿泊】。カルガリー経由東京(成田)

つまり、特典航空券上は

 ① 東京(羽田)⇒ニューヨーク(JFK着) 
 ② ニューヨーク(ERW発)⇒トロント 
 ③ モントリオール⇒(カルガリー経由)⇒東京(成田) です。 

 

必要マイル数は

 エコノミーでカナダ単純往復だと、50,000マイルですが、2都市へ飛んでいますので、55,000マイルとなります。 

 

さらに、ずべてビジネスクラス利用だと、90,000マイル必要です。

夫婦二人で、180,000マイル。

ちょうど残りのマイル182,000マイルを使い切ることになります。

でも、欲がでました。

ビジネスは、片道だけにしよう!(笑)

 よって、使用マイル数は、1人72,500マイル。二人合計で145,000マイルです。 

 

残り、37,000マイルですが、Lシーズンだと、また香港に二人で行けますしね(笑)

結果、利用航空機は、

 ①東京(羽田)ニューヨーク(JFK)=ANAエコノミー利用 

 

 ②ニューヨーク(ERW)トロント=エアカナダ・エコノミー利用 

 

 ③モントリオールカルガリー東京(成田)=エアカナダ・ビジネス利用 

 

となりました。

余談ですが、メープル街道が紅葉となるこの時期、特典航空券での予約取りが非常に難しく、当然、330日前に予約しました。

が、考えていたルートでは、全く予約が取れず、このルートになりました。

更に、カルガリーから成田へのエアカナダですが、予約時には「ボーイング787-8」の予定でしたが、今年4月から「767-300」へ機種変更差されました。


787のビジネスクラス

乗りたくて予約した、787のビジネス席は、エグゼクティブポッドといい、新しく、広くてモニターも18インチが設置されているのですが、機種変された767含む、777などは、同じくフルフラットシートで、ポッド形式ですが、クラシックポッドという旧型の席になりました。


767のビジネスクラス

機種変更の案内メールが来た時はがっかりしましたが、まあ、同じビジネスクラスを楽しんできたいと思っています。

エアカナダのビジネス仕様についてはコチラ

 

ANAマイルで提携航空会社の予約をした時の注意事項

 

ANAのマイルを使って、提携航空会社の飛行機を予約した場合、必ずやらなければならないことがあります。

ANA発行の予約番号と提携航空会社の予約番号は違います。当然、ANA発行のEチケットと提携航空会社のEチケットは異なります。

ANAのホームページで予約した場合、ANA便の座席指定はできますが、提携航空会社の座席指定は、ホームページ上ではできません。

よって、やらなければならないことは、

 ①ANAの窓口に電話をして、提携航空会社の予約番号を確認する。 

 

 ②提携航空会社の窓口に電話をして、提携航空会社の予約番号を告げて予約確認と、座席指定をやってもらう。 

 

 ③提携航空会社のホームページから、提携航空会社の予約番号により、予約確認をして、Eチケットを印刷する(提携航空会社に搭乗する場合必要です) 

 


 

★ANAマイルを楽に貯められるポイントサイト「ハピタス」への入会は今がチャンス!

⇒新規入会で1000ポイントもらえます!!

対象期間が終わりました。現在は、30ポイントとなります。

⇒入会はコチラ

↓ ↓ ↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

⇒ ANAマイルを無理せず楽に貯めたい方は コチラ

⇒ INDEXへ戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です