沖縄に行くならどのマイルがお得かまとめてみました。


沖縄にマイルを使って飛べる航空会社別マイレージ

 

みなさんは、沖縄に行かれる時、どういう方法を使っていますか?

SONY DSC

JALやANAの航空券を買って飛ぶ。

スカイマークで飛ぶ。

LCCで飛ぶ。

ツアーに申し込んで旅行する。

そして、マイルを使って飛ぶ。

ここでは、沖縄へマイルで飛ぶ。ということに絞って、どのマイルで飛ぶのがお得か?を考えていきたいと思います。

先ずは、沖縄(那覇)、と石垣島へ、直行便が飛んでいる空港は、羽田、名古屋(セントレア)、大阪(伊丹、関空)、福岡が主になります。

更に、その便で使える、マイレージは、

①ANAのANAマイレージクラブ。

②JALのJALマイレージバンク。

③ユナイテッド航空のマイレージプラス(国内では、ANA便を利用できます)。

④ブリティッシュエアウェイズのAvios(アビオス)(国内では、JAL便を利用できます)

以上、4マイレージになります。

デルタ航空のスカイマイルをスカイマークで利用も可能ですが、様々な条件があり、一般的ではないので省きます。

 

4社マイレージの比較検討

 

では、4社マイレージについて、国内空港(羽田、セントレア、大阪、福岡)から、沖縄(那覇)と石垣島までの、必要マイル数を比較してみました。

下表をご覧ください。

 

表の説明

 

ANA、JAL UA(ユナイテッド航空)、BA(ブリティッシュエアウェイズ)の出発空港別の必要マイル数です。

ANAは、シーズンによって、L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)によって、必要マイル数が違ってきます。

JALは、通常マイルに対して、ディスカウント期間を設けて、更に、JALカード加入者に対しての割引期間を設けています。

UAや、BAについては、年間を通して同じマイル数で、ブラックアウト(使えない期間)もありません。

必要マイル数は、往復のマイル数で、片道は、その半分になります。(ただし、JALのC=JALカード割引時は往復のみで、片道は不可です)

 

 

 表上、黄色いマーカーの部分が、出発空港別の最小マイル数になります。 



 

結果

 

沖縄(那覇)行きでの最小マイル数は、羽田発、セントレア発がJALディスカウント+JALカードの、往復11,500マイル。大阪発は、UA(ユナイテッド航空)のマイレージプラスで往復10,000マイル(ANA便利用)。福岡発は、BA(ブリティッシュエアウェイズ)のAviosで9,000マイル(JAL便利用)となります。

石垣島行きでの最小マイル数は、JALが羽田発と大阪発しかなく、割引を行なっていなのも影響して、羽田発がUAのマイレージプラスで16,000マイル。セントレアと大阪発は、ANAのLシーズンで14,000マイル。福岡発はUAのマイレージプラスで10,000マイルとなります。

 この最小マイル数は、UAとBAを除く、ANAとJALについては、期間限定になりますので、ご自分が、飛べる時期に合わせて、選ぶのが一番良いのですが、もちろん、対象マイルが貯めやすいかどうかも関係してきます。 

また、普段、飛行機によく乗られている方は、当然、航空会社を絞ってマイルをためている方もいらっしゃいますので、一応の指標として活用してください。

 

どのマイルが貯めやすいか?

 

では、どののマイルがためやすいのでしょうか?

国内の出張が多く、社用でJALを利用されている方は、もちろん、JAL。

海外出張などで、よく、ユナイテッド航空を利用されてる方は、マイレージプラスか、あるいはANA。

それぞれの方の状況によって、違ってきますので一概に言えません。

 でも、普段、あまり飛行機に乗らないけど、沖縄にマイルで遊びに行きたい!って思っている方、これから、マイルを貯めようと思っている方への、おすすめマイルは、 

ズバリ ANAです!

それは、なぜ?

ポイントサイトの活用により、陸マイルで貯めやすいからです

 つまり、ソラチカルートによって、ANAマイルは簡単にためていくことができます。 

ソラチカルートがわからない方、また、マイラー初心者の方は、コチラを参照してみてください。

⇒ 貯めやすいマイルは何?

UAのマイレージプラスを貯めたい方はコチラを参照してください。

⇒ UAマイレージプラスを貯めるなら

 

BAのAviosを貯めたい方は、コチラを参照してください。

⇒ BAマイルAviosの貯め方

 

⇒ INDEXへ戻る



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です