初めての海外旅行、罰金もあり得る税関申告書の注意点



初めての海外旅行で、入国に際して、入国カード以外に、提出するのが「税関申告書」です。

入国手続きの後、機内に預けた荷物(受託荷物)を受け取り、最後に受ける持込荷物の検査です。
時々、テレビで観た事がありませんか?

大きなスーツケースを開けられて、税関職員に「これはなんだ?」って問い詰めれてている旅行者。

そう、入国に際しては、持ち込む荷物・持ち物の検査があり、その申告を、入国カード同様、機内で書かなければなりません。

 

 持ち込めるものは、国によって大きく違いがあり、特に、オーストラリアは、国自体が固有の大陸なので、生物の種(しゅ)に対しては非常にナーバスで、持ち込めないものが細かく決められています。 

 

オーストラリアの税関申告書は、裏に入国カードも兼用されていますが、写真のように、これらを持ち込んでいますか?という項目がたくさんあります。

持ち込めないものは、缶詰以外の肉製品や、乳製品・卵製品や、果物・生野菜などに加えて、砂や土という項目があり、泥で汚れた靴を履いていると、最悪入国できない場合さえあります。

 

でも、持ち込めないものについては、持ち込まなければ何も問題はないのですが、持込はできるけど、申請しなければならないものがあります。

それが、よくテレビでやっているやり取りです。

つまり、持ち込む場合は、申告しないといけないのに、先ほどの税関申告書で申告せず、見つかった場合は、多額の罰金が発生します。

例えば、 オーストラリアでは食料品全般が対象になっています。肉製品や乳製品などの持ち込めない食品以外は、すべて申告したほうが安全です。その中で、持ち込めない場合は没収されるだけですが、申告していないと、没収されたうえ多額の罰金を取られます。 

これはどうかな?って思うものは、申告しておいたほうが安心です。

細かい内容は、コチラを見てください。
オーストラリアに持ち込めないもの(申告すれば持ち込めるもの)リスト

ニュージーランドもオーストラリア並みに厳しいので要注意です。

他の国も、大なり小なり、持ち込めないものがありますので、下調べは大事ですよ。

 

⇒ INDEXへ戻る