JALマイルよりも少ないマイルでJALに乗って行くベトナム旅行

4月11日から、4泊6日の初ベトナム旅行に行ってきました。

羽田からホーチミンの往復はJAL。ホーチミンからダナンの往復はベトナム航空を利用し、街全体が世界遺産のホイアンに2泊、ホーチミンに2泊してきました。

 

BAマイル(Aviosポイント)ってなに?

 

 

 

ブリティッシュエア(BA)のマイレージをご存知ですか?

Aviosという名称で、もちろんBAに搭乗すればもらえますし、BA搭乗の特典航空券として利用できます。

でも、日本にいる限り、BAを利用することはめったにありませんよね。イギリスへ頻繁に行く人でなければ、あまり縁のないマイルかもしれません。

でも、このAviosというマイル、凄いんです。

なんと、JAL便で利用できます。

 しかも、単純比較ですが、JALマイルよりも少ないマイルでJALに乗れるのです。 

 

例えば、羽田→福岡は、JALマイルだと片道7,500マイルが必要ですが、BAマイル(Avios)だと4,500マイルでいいんです。

つまり往復だと、JALが15,000マイル必要なところ、BAマイルは9,000マイルで同じJALが利用できるのです。

それはなぜかというと、 JALは区間指定によってマイル数が決まっています。 

例えば、国内線では(A区間)羽田→大阪などは片道6,000マイル、(B区間)羽田→福岡、沖縄などは片道15,000マイル、(C区間)羽田→石垣、宮古などは片道10,000マイルというように区間ごとに決められています。

一方、 BAマイル(Aviosポイント)の方は、区間距離によって決まってきます。 

区間距離が650マイル未満は、片道4,500マイル(Aviosポイント)、650~1150マイルは片道10,000マイル(Aviosポイント)となります。

羽田発だと沖縄(離島含む)以外は650マイル未満なので片道4,500Aviosポイント(マイル)で飛ぶことが可能となり、羽田→大阪はJALマイルの方が少なくなりますが、羽田→福岡、札幌などはBAマイルの方が少ないマイルでJAL便に乗ることができます。

逆に、羽田→沖縄の片道は、JALが7,500マイル、BAマイルは10,000Aviosポイントなので、JALの方が少なくて済みます。

さらに、成田→釜山も区間距離が650マイル未満なので、片道4,500Avios、往復9,000Aviosで、なんとJALの国際線が利用できるのです。

海外になんと9,000マイル(Avios)で行けるなんて驚きです!

ただ、BAマイル(Avios)は、JAL便でしか使えないので、羽田→石垣、宮古。沖縄離島間の日本トランスオーシャン航空(JTA)や、日本エアコミューター(JAC)、フジドリームエアライン(FDA)などの便は利用できません。

■ブリティッシュエアラインに乗らずに、BAマイル(Aviosポイント)を貯める方法については、関連記事をご覧ください。
⇒私はBAマイル(Aviosポイント)はアメックス・スカイトラベラーカードで貯めています。詳しくは ↓ ↓ ↓

アメックス・スカイトラベラーカードに入会するだでけ国際線特典航空券が手に入る

BAマイル(Aviosポイント)の詳しい情報は関連記事をご覧ください。

JAL国内線に安く乗れるBA(ブリティッシュエア)マイルAvios

因みに、今回のベトナム旅行は、BAマイル(Aviosポイント)でJALを利用してきました。



JALマイルよりも少ないBAマイル(Aviosポイント)でJALに乗ってベトナム旅行してきました

 

今回のベトナム旅行は、50,000BAマイル(Aviosポイント)を使って、夫婦二人で行ってきました。

BAマイルの規定では、区間距離が2,001マイル~3,000マイルまでは、往復25,000aviosポイントで飛べて、羽田-ベトナムはこれに該当します。

 羽田-ベトナムをJALマイルで飛ぶと35,000マイル必要なので、単純計算ですがBAマイル(Aviosポイント)の方が10,000マイルもお得です。   一方、シンガポールやクアラルンプールまで飛ぶと、JALは同じ東南アジアのくくりなので、35,000マイルで往復できますが、BAマイル(Avios)は、区間距離が30,01マイル~4,000マイルになるので、往復40,000Avios必要となり、JALマイルの方が少なくなります。 

 

なので、ベトナムへは、「Aviosポイント」を使ってJALで飛ぶ。クアラルンプール、シンガポールへは、JALマイルを使ってJALで飛ぶ。

これ、私流です(笑)

⇒ Indexへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です