JWマリオット・シンガポール、無料ラウンジと朝食/マリオットポイント無料宿泊

3ヶ月間のマリオットプラチナチャレンジ達成後、シンガポール旅行にて、JWマリオット・シンガポール・サウスビーチに、マリオットポイントを使って無料宿泊してきました。

予約はもちろん最低グレードのデラックスゲストルームを40,000ポイントで確保しましたが、プラチナエリートのおかげで、スイートルームへアップグレードされました。

部屋の状況は、コチラの記事をご覧ください。

ここでは、プラチナエリートでなくても、ゴールドエリートでも提供される、無料の朝食と、ラウンジ利用をご紹介します。

ただ、8月からの規定改定により、無料の朝食とラウンジ利用は、プラチナエリート以上に提供され、spgアメックスゴールドカード保有でのゴールド会員には提供されなくなります。

 

JWマリオット・シンガポールのラウンジを利用してみた

 

 

JWマリオット・シンガポールのラウンジは2階の渡り廊下を渡った別棟にあります。翌朝利用することになるレストランの2階にあたります。

中はかなり広めで、ソファー席をはじめ、通常の椅子席、カウンターバーなどもあり。全体的におしゃれな感じが漂っていました。

 

■アフタヌーンティータイム(14:00~17:00)

 

簡単なケーキ、スコーン、サンドイッチとソフトドリンク。フルーツ多彩。さらに大好きなスイカジュースもあり、ご機嫌でした。

 

■カクテルタイム(17:30~21:30  19:30までは軽食あり)

 

おまちかねのカクテルタイムです。

軽食は、点心を中心に中華が多かったですが、サラダ、ハム類も豊富で、特にスモークサーモンは美味しかったです。

対面で、餃子を焼いていましたが味はイマイチでした。対面は、やっぱり麺類がいいですね(笑)

デザートも充実、特にフルーツはやっぱり美味しい。
そして、大好きなビールは、缶ビールではなく、サーバーからついでもらえて、特に美味しかったです、

 

■朝食は1階別棟のレストランでブッフェ(6:00~10:30)

 

朝食もラウンジでいただけるのですが、種類が多い(と思われる)レストランにしました。
場所は、一度フロントロビーから外に出て、目の前のレストラン「ビーチロード・キッチン」です。

さすがに種類も多く、すべての試食は困難。2割も制覇できていないと思います。

茶碗蒸しもありました。が、やっぱり日本で食べたほうが美味しかったです。

ピザを専用の石窯で焼いていましたが、お腹いっぱいで食べれず(涙)

このビッグソーセージは美味しかったです。

対面の麺コーナー。3種類の麺から選んで、好きな具材をとなりのケースから選んで作ってもらいます。
対面コーナーは、その他に卵、パンコーナーがありました。

フルーツの一番上にある、蛇の皮みたいなフルーツは、その見た目どおり、「スネークフルーツ」と言うそうです。
一見、ライチみたいな感じですが、ライチみたいにプルンとはしてなくて、甘酸っぱいバナナみたいな感触でした。
美味しかったですけど、わたし的にはライチのほうが好きです。(笑)

 

マレーシア、シンガポールでは、空港ラウンジも含めて、ブッフェには必ずカレーが2~3種類あります。でも、カレーははずれがありません。
麺はたまに外れますが、ここの麺は美味しかったです。

 

spgアメックスカードのありがたいベネフィット

 

今回、シンガポール3泊のうち、1泊はマリオットポイントでの無料宿泊でJWマリオットシンガポール。1泊は更新時に提供される無料宿泊特典でのウェスティン・シンガポール。と、spgアメックスカードのおかげで高級ホテルに泊まることができました。

spgアメックスの改定により、8月18日からは、spgアメックスカードを持っているだけでできてた、朝食やラウンジの利用はできなくなりますが、その他の特典は継続されます(レイトチェックアウトの時間が16時から14時までに変更あり)。

特にポイントによる無料宿泊、更新時の無料宿泊特典の提供など、他のカードにはない大きなベネフィットも継続されますので、今後もメインカードで使って行きたいと思っています。

参考記事 ⇒ 改定後もspgアメックスカードが魅力的な理由

 

さらに、カテゴリー5のホテルに無料宿泊できる(オフピーク時)ポイントがすぐにもらえるカード入会方法も実施中です。

⇒ 詳しくはコチラ
⇒ indexへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です